本文へスキップ

交通事故コンサルティング、証拠資料精査・作成

交通事故調査解析事務所
TEL.
043-225-5366
〒260-0012
千葉県千葉市中央区本町2丁目1-21石井ビル4A


交通事故ドライブレコーダー映像解析


1.ドライブレコーダー映像から解析できる内容


(1)当該車両の速度
(2)事故発生原因、過失の検討
(3)事故の因果関係の検討
(4)車種、登録番号、走行状況等


2.ドライブレコーダー映像解析


 ドライブレコーダー映像は、静止画を連続再生することで人間の目には連続した動きのある映像に見えています。
 この静止画像は1枚を「1フレーム」という単位で現し、通常は1秒間に10から30フレームで構成されています。
 映像をフレーム化することで、車両速度、事故発生原因、因果関係等を検討することが出来ます。


3.ドライブレコーダー映像鑑定


 交通事故の真実は一つです。
 ドライブレコーダーから得られる事故発生状況は、実況見分調書と同様に証拠化されるべきと考えますが、デジタル映像である故、映像が改ざんできる対象として、警察では積極的にドライブレコーダー映像を証拠化していないのが現実です。
 しかしながら、事故発生状況を収録したドライブレコーダー映像を解析すると、たった一つしかない事故の真実が見えてくることは確かです。



4.提供いただいたドライブレコーダー映像について


 映像解析のために提供されたドライブレコーダー映像について、裁判所等の公的機関から資料提供依頼がない限り、メディアに公表したり、第三者に提供することはございませんのでご安心ください。




   



バナースペース

交通事故調査解析事務所 -office kumagai-

〒260-0012
千葉県千葉市中央区本町2丁目1-21
             石井ビル4A
代表 熊谷 宗徳

TEL 043-225-5366 (平日10:00~19:00)
携帯 080-1357-1993(NTTドコモ)
FAX 043-332-8288(24時間受付)
Mail muu3173@gmail.com


日本行政書士会連合会
 登録番号 第15100202号
千葉県行政書士会会員
 会員番号 第14087号